穏やかな昼下がりに、あなたなら何をしますか?

ここに、私の大好きなもの、こと、ひとを綴ります。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

新しょうがの季節
店先で、新ショウガを発見!

きゃ〜っ、この時期がくるのを待ってました。

試しに、大きな塊を2株購入。

せっせこスライサーで切り下ろし、甘酢に漬けます。

ガリ ぎっしり〜。。

高さ12僂呂△蠅修Δ並腓めのビンがいっぱいになってしまいました。

これでしばらく味がしみ込むまで漬けてみて、おいしいことを確認でき次第、
さらに大量に新ショウガを買ってきて、
数カ月はもたせるような常備菜にするというわけです。

ガリが常備されているなんて、考えただけでもテンションがあがりますな〜

 
おうちで中華
 ときどき食べたくなるものシリーズ。

中華料理は、毎日だと胃がもたれてしまいますが、しばらくごぶさたをしていると、
ある日突然無性に食べたくなってしまう料理の1つです。

そんなこんなで、昨夜、「明日の夕飯には絶対に中華を食べる」と思いながら
床についたのでした。。

日が明けて、今日は何が何でも中華を食べたくなった私。
昼は外食だったので、夕飯はおうちで中華に決まりです!

帰り道、スーパーで携帯レシピを片手にお買いもの。

中華

青椒肉絲 (ピーマン少ないバージョン)

家にたくさん余っていると思い込んでピーマンを買わずにいたら、
予想以上にピーマンの在庫切れ状態だったのです。。涙
でも、その分タケノコを山のように入れたので、結果オーライ。

いや〜っ、中華って・・・ほんと美味しいですね☆
玄米支持率やいかに?
鈴木 真弓
アスキー・メディアワークス
¥ 1,344

高山 なおみ
日本放送出版協会
¥ 1,680

 健康志向ブームになってから、玄米を主食に選ぶ人が増えたのでは?

わたしの場合もまさにそうで、玄米が体質改善にも効果があるらしいという噂を耳にして、
アレルギー体質が治るかもしれないからと、すぐに飛びついてしまいました。

主食を玄米に変えてみて思うのが、まだ世間一般のお店では白米が定番なので、外食する時に玄米を食べられるお店になかなか出合えないんです。

そうなると、一番確実に美味しい玄米ご飯が食べられるのは、自炊なんですよね。

本屋さんに行くと、玄米レシピが山のように置いてあるのをみかけます。


でも、ここまで流行るということは、多分それなりに効果を実感している人の母数が大きいのではないでしょうか。

玄米に合うおかずって、素朴なものがピッタリだったりします。

せっかく買うレシピなんですから、夢のつまった一冊を選びたいですね。
朝から玄米(洋風バージョン)
今日は朝からシトシトと雨降り。

せっかく屋外でスポーツをする予定だったのに、延期です。

休日というと、不思議と朝から空腹感がある私。

時間もあるので、久しぶりにリゾットなど作ってみることに。

トマトリゾット 玄米と茄子のトマトリゾット 

おおっ。隠し味にいれた味噌が効いてて美味しい・・・

結構、自炊が習慣になると適当に作っても美味しくできるようになるもんです。
ひとり暮らし歴10年目を迎え、気づいたら成長してた感じ。

実家を出てからの朝ごはんの記憶というと、いろいろなマイブームがあったなぁ。

・オールブランに蜂蜜やドライフルーツをミックス。&ヨーグルトとか。

・フルーツグラノーラ

・トーストにとろけるチーズ&ケチャップ、もしくはバター&ジャム、インスタントスープ

・バナナ、リンゴのようなフルーツのみ     

・白いご飯に佃煮、煮物    等々

こうして振り返ってみると、かなりジャンクだった時期もあるなァ。
学生時代だなんて、学校についてから友人と菓子パン食べてたこともありましたからね。。

年とともに、まともになってひと安心・・なのかな?

今では、よほど時間がない時以外はちゃっと弁当つめて、朝ごはんの食器を洗ってからでかけるという、何とも私らしくない(?)まともな生活パターン。

もっと早くこうしたかったけど、きっと今の私だからそう言えるんであって、昔の私にはその声は届かないんでしょうね。
玄米の炊き加減
 
主食に玄米を好んで食べるようになって、早2年がたちます。

圧力鍋も持っているんですが、手軽さでいうと電子炊飯器にはかないません。

ご飯の味って、お米の違いもそうですが、炊飯器によっても違うらしいときいて、昨年IHのいいやつを買ってしまいました。

玄米、GABA玄米、おかゆモードなど、いろいろな仕上がりに設定できるのがうれしい。

genmai これがうわさのカニ穴

最初は何も知らなかったので、炊きあがりにボコボコ穴があいていてぎょっとしてしまいました。

インターネットで調べてみると、この穴は鍋の底から空気が抜け出た道とのこと。
水分量が適度にあり、強い火力だとキレイなカニ穴が見られることが多く、美味しさの目印なんですって。

おお〜っ!

そんな訳で、自炊ではおいしい玄米が食べられるんですが、問題は外食。

なかなか玄米を出してくれるお店が少ないのが現状ですね。

まあ、胃腸の弱い人にはあまりよくないものですし、こればかりは世間で強要するものではないかな。

やっぱりランチはお弁当派でいきます。
グリンピース
 今日は久々にがっつり残業の日。

同じフロアの人がみんな先に帰ってしまったので、暗闇と静寂の中での作業。

ささやかな音量でインターネットラジオでジャズを流すと効率があがるから不思議です。


帰宅後、配達されていた野菜との第2ラウンドのはじまり〜。

人参 → 泥を落として保留
かぶ → 葉を落として、湯通しして刻む
小松菜 → ゆでて、カットして冷蔵保存

今日はじめて見たのが、さや入りグリーンピース。
グリーンピース なんてきれいな色

あまりグリーンピースに対してのいい印象がないんですが、このボイルしたグリーンピース、めちゃめちゃ美味しい!
今まで食べてきたものは全く別の野菜じゃないかと思うくらいに味がちがいます。

子供のころに、このグリーンピースに出会っていたら、シュウマイの上に乗っているやつも無下に残したりしなかったかもなァ。

なんてことをしてたら、仕事の疲れも忘れてしまったとさ。
アートな野菜
 野菜の定期配達を利用するようになって、もうすぐ1年。

いつもお任せのセットなので、何が送られてくるかは箱を開けるまでのお楽しみです。

時々、見たこともない野菜や、絶対に自分では買わないような野菜まで、多種多様。

carrot 葉つき人参

この人参も、はじめは泥まみれで梱包されてきたんですよ。

びわこふきんを使って、丁寧にごしごし洗ってあげると、こんなに綺麗な人参色になるんですもの!

もちろん。皮もいただきます。

綺麗な野菜って、アートだと思ってしまうなぁ。
人口では創りだせない、自然界の創り出した未知のアート。
こうやっていうと、なんかカッコいい気がしません?

しかも、素材がいいと、頑張って調理をしたくなってしまうのが不思議な定理。

美味しいし、見ていて癒されるし、ありがたや。
スコーンに夢中
 
たまにAfternoon teaのお店でスコーンを注文することはありましたが、そんなに「はまっている」というほどではなかったんです。

しかし、偶然に運命のスコーン(少しおおげさ・・)に出会ってしまいました。

hirusaido これがヒルサイド・パントリーのスコーン

サクッとした食感。中身がぎゅっとつまった感じで、バターが香ばしく焼かれた風味が口に広がり、幸せな気分になってしまいました。
これ、毎日でも食べたいです。今度はまとめ買いするつもり。

syounosuke NY こちらは次点の松之助NYのビスケット

とってもボリューミーな大きさで、ビスケットと呼ばれるだけあり中身がふわっとしています。
生地の味がシンプルなので、ジャムなんかと合わせると美味しい。


ああ、もっといろいろなおいしいスコーンに出会いたい。