穏やかな昼下がりに、あなたなら何をしますか?

ここに、私の大好きなもの、こと、ひとを綴ります。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< LON CAFE(港北東急店) | main | 七味唐辛子 >>
食堂かたつむり
予告編をみたときから、絶対に見に行こうと思っていた「食堂かたつむり」。

実際に見に行ってきました。

生きることは、食べること。  おいしくてしょっぱい、母と娘の物語。


映画が始まった冒頭は、不倫の倫子だとか、エルメスなんていう豚が出てきたりして、
まるで「嫌われ松子の一生」的な雰囲気の映画なのかと思ってました。

でも、倫子が声を失ったあたりから、徐々にこの映画の本質の部分が見えてきます。

おばあちゃんの糠漬け、きっと愛情いっぱいに漬けられていたんでしょうね。

家も、お金も失ったとしても、家族の愛情があれば、きっと生きていける。

柴咲コウの演技も見ものですが、余貴美子の妖艶なお母さん役や、ブラザートム、
突然現れた三浦友和など、脇役の方々も豪華なキャスティングですよ。

料理は後述するとして、映画の衣装やインテリアも本当にかわいいんです。
センスのよさがにじみ出た映画。

ある意味、かもめ食堂が好きな人なら納得してくれるはず。


さて、食堂かたつむりを開店してから出てくる料理の数々。

なんておいしそうなんでしょう

ざくろカレー、ジュテームスープ、マカロン、お茶漬け・・・

どれも丁寧につくられている料理の数々で、見ていてうっとりしてしまいました。

この映画の料理を担当されているのが、「おかずデザイン」というところ。

この名前・・・そういえば、以前参加した「もみじ市」に出店されていたような!
なんだか身近になった感じがして、うれしい。


映画の後半では、母と娘のストーリー展開に・・・ 予想外に号泣

やっぱり、気持ちを伝えるためには、言葉や文字で伝えることは大切ですね。
目は口ほどにはモノを言いません。

丁寧にする ≒ 愛情を込める

日々、丁寧に暮らしていきたいと思いました。

「食堂かたつむり」、早くも今年のお気に入り映画トップ3入り
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://odayakana.jugem.jp/trackback/144
TRACKBACK