穏やかな昼下がりに、あなたなら何をしますか?

ここに、私の大好きなもの、こと、ひとを綴ります。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< お花見=花も団子も | main | カフェ・ド・ヤガヴァン >>
ナガオカケンメイさんの本
 ナガオカケンメイさんの感覚、大好きです。

「デザイナーって、かっこいいことを言ってるんじゃない?」 「NO」

「デザインって、時代の最先端をいくことでしょ?」 「NO」

「デザインって、生活には不必要なものじゃない?」 「NO」

と、私がデザインのなんぞやを語るには100年早いのですが、
それでも声を大にして言いたいのは、デザインって大事だよ、ということ。

以前読んだ、テレンス・コンランの本に、
「デザインとアートの違いは、デザインは機能的であること」と書いてあったのが
印象的でした。

アートは、生活を外側から潤す化粧水だとしたら、
デザインは、生活を内側から潤す飲料水のようなもの・・?

化粧水は、つけたらつけただけ潤いますが、なくたって何とか生きていけます。

飲料水は、ないと生きていけない生活必需品。

要するに、デザインは大事なものだよ〜ということであります


・日本にすでにあるもので、新しくつくる。
・小さなことに、大きな意味をみつける。
・日本人らしい「回転数」
・原点を大切に。
・ハッピーにするためには、10個の小さなハッピーを仕込む。
・立派を目指さない

いや〜、おもしろい本って一気に読んでしまいます。
まるで真夏の冷えたビールのように。

ナガオカケンメイさん、ごちです。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://odayakana.jugem.jp/trackback/158
TRACKBACK