穏やかな昼下がりに、あなたなら何をしますか?

ここに、私の大好きなもの、こと、ひとを綴ります。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< PM7:00 | main | Natural Crew@二子玉川 >>
パーマネント野ばら
人が、ヒトを、想う、気持ち。

きっと、ずっと、変わらずにある、はず。

永遠だなんて、夢の世界のことかもしれないけれど、
永遠があるはず、と信じたいと思いました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

原作は、あの「女の子ものがたり」も書いた西原理恵子さん。

ひさしぶりの菅野ちゃん主演の映画ということで、
どちらかというと、お洒落な女子向けの映画なのかと思って友人と観にいったんです。

が。

違いました。

冒頭から前半部分は、とにかく笑えます!

パンチのきいた夏木マリは、スカッと最高にいけてる女性を演じていたし、
お店にたむろっているおばちゃん達も、誰もが認める“ザ・オバチャン”

そして、菅野美穂演じる主人公のなおこ と娘のもも。
すでに離婚して出戻ってきた設定なんですが、なぜ離婚したのかも分からないまま、
時間が流れていきます。

この映画の見所の1つは、小池栄子演じる、なおこの友人、みっちゃん。
クラブのホステスをしているんですが、とにかく迫真の演技で、気持ちよかったです。
どんなにダメ男と分かっていても、好きになってしまった女の弱味みたいなものを、
ストレートに演技していて、

(個人的には、早くも今年度の助演女優賞をあげたい気分

映画が後半に入ったあたりから、急に喉の奥に何かがつかえたような、変な気分になります。

幸せでいっぱいなはずの、恋人のカシマとのエピソードなのに、
なんでかしっくりこない。。

そして、

最後の最後に真実を知って、胸が熱くなりました。

<総評>
女子におススメ度 ★★★★★

ここ何年かで観た映画の中でも、お気に入りのベスト3に入れたい映画です

いくつになっても、何があっても、女子は死ぬまで女子でいいんだ、と勇気をもらえますよ

もう一度、観にいってこようかしら。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK