穏やかな昼下がりに、あなたなら何をしますか?

ここに、私の大好きなもの、こと、ひとを綴ります。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< オーバカナルのペストリー | main | 神泉豆腐 >>
ビオトープの魅力
 もともと観葉植物は大好きで、かかさず部屋には置いてあります。

季節は真夏。
グリーンをより涼しく楽しみたいなーと思っていたところ、
偶然いきつけの園芸屋さんの店先で発見したのが、水生植物です。


水生植物、ようするに睡蓮や花菖蒲のような、
水中〜水際に育つ植物の総称といったところでしょうか。

昔、実家の庭に池があったころは、よく祖母が睡蓮を楽しんでいたんですが、
手入れが大変になってしまい、今や池すら撤去されてしまいました。

知人のお宅でも、マンションのベランダに大きな水鉢を置いて、
睡蓮を浮かべてメダカを飼っている方がいらっしゃって、憧れはあったんです。

しかし、いざ大きな水鉢を自分の家のベランダに置くとすると、
移動や水の入れ替えが絶対に面倒になることが予想されます。
虫とか発生しても嫌だし・・・。

私がお店で見つけた水生植物は、みんな小型だったので、
小さなポットみたいなスペースでも十分に育てられそうなものでした。

お店の人に手入れのしかたをきくと、意外にも水やりと置き場所さえ気をつければ
簡単に育てられるという事を教えてもらったんです。

ということで、はじめての水生植物が我が家に仲間入りしました!

ウォーターマッシュルーム ウォーターマッシュルーム君

写真では分かりづらいですが、鉢をミニバケツに入れてみました。
水を「これでもか」というくらい、たっぷり注いであります。

こんなに水をタプタプに注いだことがなかったので、なんだか不思議な感じ。

でも、なんとなく涼しげな印象になりました。


ビオトープという言葉をご存じでしょうか?

水中や陸上の植物だけでなく、動物までかかわって生態系をつくることを意味するそうです。

本来は自然環境すべてにかかわる大規模なものをさすんですが、
それを小さく表現できるのが、水鉢などのパターン。

なんだか奥が深そうで、早速ビオトープの本を図書館で予約してみました。

次はどんな植物を飾ろうかしら。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK