穏やかな昼下がりに、あなたなら何をしますか?

ここに、私の大好きなもの、こと、ひとを綴ります。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

野田琺瑯が気になる
 週の半分はお弁当を持参するように心がけていますが、
外回りが多かったり、会議が立て続けに入っている時などは断念しがち。

物事を継続させるためには、まずモチベーションをあげることが大事だと思うんです。

お弁当を作るモチベーションをあげるためにはどんな手段があるのか?

答えは、お弁当箱を先行投資で新調すること。

すでに手持ちで4個も持っているんですが、さらにグレードアップさせたいんです。


そこで候補にあげたのが、曲げわっぱのお弁当箱と野田琺瑯の入れ物。

曲げわっぱのお弁当箱は、職人さんが手作業で組み立てた貴重な一品です。
何でも、ご飯の水分が上手に吸収されて、時間がたっても美味しい状態が保たれるみたいですね。

そして、もう一つ気になっているのが野田琺瑯のもの。

よく雑誌などでも、ホワイトシリーズという真っ白な琺瑯製品が登場します。

この野田琺瑯の本を読んでから、完全に琺瑯の魅力にはまってしまいました。
製品の1つ1つを職人さんが手をかけて作っている、その丁寧な工程をしってから、ますます琺瑯に対しての尊敬の念を持たずにはいられません。

今、実際に手持ちのミルクパンが琺瑯でできているんですが、この子が一番活躍している鍋なんです。

お弁当箱にも、保存容器にもなる野田琺瑯のスクエア容器。

この容器で冷蔵庫の中がいっぱいになっても、お洒落に見えそう!
母のツヴィリング
ペディナイフを買おうと思っていたら、母が使っていない物があるといって、食器棚の奥のほうから取り出してきた。なんでも、嫁入り道具の1つだったらしい。

knife  ヘンケルスのツヴィリング!?

30年以上前なのに、こんなちゃんと「それなりの物」を持っていたことに驚き。

今度は私が日々活用させていただきます。